>  > まだまだ不慣れなことをいいことに

まだまだ不慣れなことをいいことに

当時彼女と別れたばかりの僕は、いつも夜が寂しくムラムラとしていました。そこでデリヘルでも呼ぼうと思い立ち、一人暮らしをし始めた部屋へとデリ嬢を呼びました。女性大生カラーの強いお店で、その中でもゆるふわな感じの業界未経験、入店1ヶ月以内とアピールされている嬢を指名しました。年齢は18歳で聞けば、現役ホヤホヤの短大生ということでした。実家を離れ一人暮らし、心を許せる友人もおらず、もちろん彼氏も出来ないしという寂しさの解消と実益を兼ねての業界デビューだったようです。彼女を慰めつつプレイをスタート、優しく優しくということを頭に入れ、時折気を使うような声も掛けます。もちろん褒め言葉も忘れずに。すると心を開いてくれたのか、隣の部屋から苦情がきちゃうのでは?というくらいの喘ぎ声のボリュームが上がりました。素股はできると聞くと、教えてもらったけど微妙ですというのでそれじゃオレがするから手で押さえてと正常位で素股をスタート。もうちょっと強く抑えてくれる?といい腰を振るとズルリと中に入っちゃいました。そのままし続け発射したことは言うまでもありません。

[ 2015-04-14 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

貴女好みの風俗嬢と出会える☆幅広いジャンルの女の子が揃うすすきのの風俗サイトはココから♪